殺鼠剤は効かない?

超音波ネズミ駆除を無料で試せる?

ドブネズミ対策用でクマネズミへの効き目は弱い

今のネズミには、殺鼠剤の効き目も弱くなってきているようです。
特にクマネズミに関して言えることですが、元々殺鼠剤というのはどぶネズミを駆除する為に作られたそうです。

というのも、東京都内が戦争から復旧していくうちに、生活環境のインフラが整うようになり、クマネズミとドブネズミの住処が分けられるようになりました。
湿ったドブのような環境を好むドブネズミは、下水道などが増えることによって数を増やしていったそうです。

その増えたドブネズミを減らす目的で作られたのが殺鼠剤のようなので、ドブネズミには有効な駆除方法だとしても、クマネズミにはそこまで有効な方法ではないとのことです。

また、スーパーラットという呼び方を聞くことがありますが、この殺鼠剤の毒を肝臓で解毒する能力に優れている種類が増えて来ているらしく、そうした種類になると、殺鼠剤を食べても平気でいられるとのことなのであまり意味はなさそうです。

それに、耐性を持つ個体が増えているということは、殺鼠剤をばら撒くことは、ある種のえさをばらまくのと同じようなもので、スーパーラットを増やす原因ともなり兼ねないかもしれません。

そう考えると、物理的な駆除方法にはどれも限界があると思えます。

どの道クマネズミが増えていくことを考えると、駆除して取り除くというよりは、自分の生活環境には招き入れないように対策をしていく必要があり、その方法として最適な一つが超音波による駆除なのかもしれません。