ネズミの種類

超音波ネズミ駆除を無料で試せる?

クマネズミは高いところを好む

害獣となるネズミの種類には、クマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミの3種類があります。

クマネズミの体長は15cmから20cm程度で耳が大きく、尻尾が体全体よりも長いのが特徴の一つ。それでいて身軽で運動能力が高く、電線を伝うことができたり、足場となるような壁であれば垂直に登っていくことも出来るようです。

乾燥した高い場所を好む傾向に有り、天井裏やビル内部の高いところを選んで生息する傾向があるようです。警戒心が非常に強く環境の変化を敏感に察知する能力に優れていることから、中々捕まりにくいのも特徴の一つ。

ドブネズミがクマネズミよりも一回り大きく22cmから26cm程度あります。
尻尾の長さは体全体よりも短く、クマネズミと同じように耳は大きいようです。

生体として地面に穴を掘ることができたり、泳ぎが得意な事から、下水管や下水溝、ビルの低層階、公園の地面などを住処としているそうです。

警戒心もあまり強くなく殺鼠剤の効き目も良いということから、クマネズミよりは駆除がたやすいようですが、家屋でのネズミ以外の大半はクマネズミなので、ドブネズミの被害はあまり気にすることもないのかもしれません。

同様にハツカネズミは、体調が6cmから9cm程度と小柄で畑に生息しているので、農作物の被害は気になるところですが、家屋に関しては特に気にすることはなさそうです。