ネズミの死骸を放っておくと・・・

超音波ネズミ駆除を無料で試せる?

ウジや悪臭が発生かもしれない恐怖

家の中でのネズミの被害は、色々なところかじられたり食材を荒らされたり、汚れを付けられたりするだけでなく、一番厄介なのは、もしかしたらそのネズミが活動しなくなってからかもしれません。

寿命となって死んだネズミが屋根裏で放置状態になっていること。
実際に聞いた話ですが、クマネズミが家に住みつき、手の届かない屋根裏でそのまま死んでしまったことがあった経験をした方がおりました。

「最近ネズミの動きがなくなったなぁ」と安心していたそうですが、実は、屋根裏で死んでいたということに気づかず生活していくうちに、次第に、悪臭が漂うようになってきたそうです。

そして、ハエが「ブンブン」とうるさく飛んでいて異変に気付き、屋根裏を開けてみたら、そこに、クマネズミの死骸が有ったそうです。

このように、死んでからも迷惑となる害獣です。

これがもしも粘着シートなどでネズミを捕獲した場合も同じことが言えますが、仕掛けたことをすっかり忘れて生活していくうちに、なんだか悪臭が漂い始め、その時にようやくネズミのことに気づくなんて事が有っては、臭いを取り除くのも面倒な事になるかもしれません。

「早いうちに気づいていれば・・・」

なんていうのは後の祭りですが、こんな時もネズミ駆除に超音波発生器を使用していれば、ネズミが嫌がって出ていくので、そこに死骸が残っている事で二次被害になるなんてことにもなりません。

悪臭を取り除くにはオゾンが良いらしい

それはそれとして、時既に遅しという場合は、何か良い方法はないのでしょうか?

調べてみると、悪臭を取り除く手っ取り早い方法は、オゾン発生器を使用することのようです。オゾンがニオイの物質に結合することによってニオイがなくなるようですが、清掃業者などでも用いられるほどの本格的なもののようです。

また、ニオイと言えば、ネズミの死骸以外にもゴキブリを遠ざける働きがあるようです。というのも、ゴキブリが集まってくるのは他のゴキブリが排泄した糞のニオイを嗅ぎ付けてくるそうです。

それだけゴキブリの嗅覚が優れているというわけではなく、結構強烈な悪臭を発するそうなので、その悪臭をオゾン発生器で無臭にすれば、ゴキブリを減らすことも出来るかもしれません。