ネズミ駆除

超音波ネズミ駆除を無料で試せる?

多種多様なネズミ駆除方法も効果は一長一短?

ネズミ駆除にも色々な方法が有ります。
「あ!ネズミだ!!」と思って対処する為に真っ先に手を出してしまいがちなのは、粘着シートタイプのものではないでしょうか?

他にも古くから有る方法なら、ねずみ取りカゴを仕掛けたり、毒エサを食べさせる方法など有ると思います。
場合によっては、猫を飼うなんて人も居るようです。

でも、これでネズミを完全に追い払う事は出来ません。
その理由を説明していきたいと思います。

まず、粘着シートで駆除できない理由。
それは、ネズミの習性が関係しています。

特に家の中を住処とするクマネズミは、警戒心が強いんです。

警戒心が強いクマネズミは、普段活動するエリアに粘着シートが仕掛けられると、それを異物と判断して避けて通る習性があります。なので、ネズミが現れてから時間が経っている程、活動エリアの状況を把握している賢いネズミは、粘着シートを避けて通ります。

まだ、ネズミが出て間もなかったり、活動範囲を幅広くカバーするだけ大量に設置すれば効果があるかもしれませんが、中々簡単に捕まらないかもしれません。

そうして時間が経てば経つほど、子ネズミが増え、その子ネズミが親となり数を増やし、益々駆除が難しくなるなんて状況に陥るかもしれません。次に古くからあるねずみ取りカゴにエサを仕掛ける方法ですが、これも、粘着シートと同じ事。

それに、警戒心の少ないネズミが捕獲できたとしても、それは、子ネズミの場合も多く有ります。
子供を産む親ネズミを捕まえない限り、数は減るどころか増える一方です。

毒エサも特に注意しなくてはなりません。
まず、毒エサを食べてネズミが死んだとします。でも、すぐに死ぬわけではないので、大体住処まで戻ってしまうでしょう。

そうした住処は、人の手の届かない天井裏や壁の裏のほんの隙間などである場合も有り、放置されたネズミの死骸の腐敗したニオイやウジが沸いて、今度は、ハエが大量に出るなんて事も有るのです。ニオイや危険に敏感なネズミはそれで逃げるかもしれませんが、結局、二次被害を及ぼしかねません。

それに、毒エサを食べても死なないスーパーラットと呼ばれるネズミも増えているそうです。ただ賢いだけでなく、毒エサでも撃退する事が出来ないのでどうしようもありません。

撃退に大切なのはストレスを与える環境づくり!

ネズミを撃退する上で重要なのは、ネズミを捕まえたり殺して数を減らす事ではありません。一匹や二匹捕まえても無意味なだけでなく、そうする事でネズミに学習のチャンスを与えてしまうのです。それでは、ますますネズミが居なくなりません。

それよりも大切なのは、ネズミの住みにくい環境を作る事!
その上で最も適した効果を発揮する方法が超音波によるネズミの撃退方法です。

これは、ネズミがそこに居られなくなる超音波を出すことでネズミにとってストレスとなる環境を作るというものです。居ても立ってもいられなくなったネズミは、その場から逃げ出して外に出て行ってしまうのです。

「そんな簡単にネズミを追い出す事が出来るの?」

なんて、思うかもしれません。
ところがどっこい、ネズミの習性をうまーくつかんでいるから可能なんです。

そもそもネズミは、活動時間が日没から数時間と夜明けまでの数時間です。
つまり、人とは違い夜に行動します。
夜の方が外敵に遭遇するリスクも少ないし、涼しいから行動しやすいんです。

そして、日中は身を潜めて休憩しています。
この休憩中に超音波というストレスを与えるのです。

夜に備えてスタミナを温存しようとしている時にストレスでゆっくり出来ないネズミは、その場に居られなくなり、我慢の限界となると出て行ってしまうという事です。このネズミの習性をうまく利用しているからこそ効果があるのです。

超音波は子供にはつらいもの?

超音波を使ったネズミ駆除は、ネズミには十分効果がありますが、子供にも注意しなくてはならない事が有ります。この超音波というのは、人には聞こえない周波数の音で忌避効果のある音を出す事でストレスを与えるというものです。

これが、子供に聞こえる事があるそうです。
原理は、モスキート音と同じです。

蚊の羽音のような音で10代、20代などの若い世代にしか聞こえない音を出す事で、例えば、夜遅く公園に居たりするのをやめさせるというものですが、これと同じ働きをする事が有るらしいです。

あくまでも、そうした可能性があるという事で屋根裏など隔離された場所で使用すれば問題ないかもしれませんが、念のため、注意しておいた方が良いと思います。

ネズミはいろんな寄生虫を媒介している

でも、ネズミが居る事が子供にとって悪い事が有ります。それは、ネズミに寄生しているダニやノミ、シラミなどが居る事。

これらは、人にも寄生し皮膚から血液を吸って生きます。その大元が駆除できずに屋根裏に潜んでいるネズミだったら嫌ですよね・・・。

「シラミなんて感染する事ないでしょう?」
なんて思っているかもしれませんが、生活環境が良くなった今でも感染する寄生虫の一つです。それに、清潔にしていても感染し、感染後にシャンプーなどを徹底しても取り除く事が出来ないやっかいな寄生虫だったりもします。

夜の寝静まっている時にネズミが寝ている横を通ったり、誰も居ない時に布団の上を歩いたりしていると考えるとぞっとしませんか?

でも、そのリスクはゼロではありません。

超音波機械使用の注意として

超音波発生器ならネズミの苦手な超音波を出すことで、神経や聴覚を攻撃することができるため、ネズミを殺さずに家から追い出す事が可能なのが利点です。そのため、従来のよくあるネズミ駆除グッズに比べ、断然簡単に実践できるため、自分でネズミ駆除する場合はオススメとのことでした。

しかし、いくら簡単だからと言っても、漫然とコンセントに差していたり、スイッチを入れておいたりすれば良い訳ではありません。

なぜなら、超音波はネズミに直接当たらなければ、精々一時的に静かにさせるくらいしか効果がないからです。それくらいなら、フリーアプリのモスキートバスターでもできます。

口コミなどを見ると、一定数、使ったのに効果が無かったと言う声がありますが、大抵はこのように適切に使っていないことが原因とのことでした。つまり、ちゃんとネズミの活動領域に超音波が当たるように設置しておけば、駆除効果を挙げられるんですね。

となると、事前にネズミがどこを通って出没しているのか、リサーチする必要があるんだと思います。屋根裏とか床下だと、ちょっと面倒臭そうですね。

それでも、定期的に交換したり駆除後に死体処理をしたりしなければいけない、従来のネズミ駆除グッズよりは断然簡単だと思います。